インフルエンザなど学校感染症の対応について(治癒届)

出席停止の取り扱いについてお知らせいたします。

学校保健安全法第19条により、「校長は、感染症にかかっており、かかっている疑いがあり、又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる。」こととなっています。出席停止の措置をとるにあたっては医師の診断に基づき、校長(副校長)が判断しています。その際の手順については、下記の通りといたします。ご承知おきください。

 

〔出席停止の取り扱い手順〕

①医師により感染症の診断を受けた場合は、その診断結果を保護者が学校に届け出る。

②登校に際しては、医師の診断により登校可能の診断を受けた旨を、保護者が学校に届ける。

 ただし、校長が必要と判断した場合には、保護者に対し、医師の証明書の提出を求めることが

 あります。この場合の医師の証明書は、有料となり、保護者の方の負担になります。

③ 校長(副校長)は、出席停止の解除の判断を行う。この場合、保護者から学校への届け出

 は、学校所定の書類「治癒届」に保護者の方が記入して届けてください。

④「治癒届」に医師の印は不要です。 校長(副校長)は、出席停止の判断を行う。

 

 

〔学校において予防すべき感染症〕

 

※3)のインフルエンザの出席停止期間の数え方については,以下を参照


 

 

 

 

学校提出用「治癒届」の印刷はこちら(PDF版)

 

 

 

 

 

ページの先頭へ↑