沿革

明治43年
(1910)
西区岡野1番地=神奈川県立高等女学校(現横浜平沼高等学校)の中に神奈川県女子師範附属小学校として創立開校する。
昭和2年
(1927)
現在の中区立野64番地に新校舎落成。女子師範とともに移行する。
昭和11年
(1936)
女子師範に併設の形で,神奈川県立高等女学校(現横浜立野高等学校)が立野地区に開校する。
昭和21年
(1946)
立野校舎が,昭和20年5月29日の横浜大空襲でほぼ全壊となったため,横浜市立城郷国民学校を代用附属学校とする。
昭和24年
(1949)
学制改革により,横浜国立大学学芸学部附属横浜小学校と改称。六・三制の義務教育が実施される。 昭和28年の立野の丘
昭和28年の立野の丘 小・中学校,
大学,立野高校が併設されている
白い校舎が附属小 手前はふぞく坂
昭和34年
(1959)
校歌が制定される。
昭和38年
(1963)
山梨県清里に若梅寮落成。
山荘学習がスタート
昭和39年
(1964)
立野高等学校が間門に移転。
昭和41年
(1966)
横浜国立大学教育学部附属横浜小学校と改称する。
昭和44年
(1969)
立野地区は附属小・中学校だけになる。プレイルーム棟落成。
昭和56年
(1981)
附属横浜中学校および附属養護学校が大岡地区に移転。
昭和58年
(1983)
帰国児童を受け入れ,混合方式での帰国子女教育を開始する。
平成元年
(1989)
現校舎が落成する。 現在の校舎
現在の校舎 平成15年撮影
平成2年
(1990)
現プール完成,
モニュメント『あしたへ』完成,
『光の庭』完成。
平成9年
(1997)
大学の学部再編により,横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校と改称する。
平成16年
(2004)
独立行政法人化により,横浜国立大学が国立大学法人となる。
平成29年
(2017)
大学の学部再編により,横浜国立大学教育学部附属横浜小学校と改称する。

ページの先頭へ↑